大きめトイプードル・チョコタンと家族の日々
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
犬のストレスを学ぶ
2008年12月17日 (水) | 編集 |
お察しの方もいらっしゃると思いますが、
いつも、ぐうたら生活のわ・た・し。
一緒にいるチョコタンも、もちろんぐうたらしてます。
今日は、冷たい雨のチョコタン家地方。
余計ぐうたらしてます。

先月、勉強会でお世話になった先生の単発セミナーのお誘いを受けて
ぐうたらか~ちゃん&チョコタン、先日ちょっと勉強してきました。
(しっかり者のと~ちゃんも、この日は参加できました)

IMG_0735.jpg
ぐうたら

テーマは、「犬とストレス」
犬のストレスサインとして、
吠える 泣く 甘える 落ち着かず走り回る 呼吸が荒くなる
などがあげられます。
また肉体的変化としては
フケが出る 皮膚病 腹くだし 自傷行為 一人遊び 過度の涙やけやよだれ
などがあげられます。
フケは、急にドバっと出るそうです。
自傷行為としては、肉球の舐めこわしや掻き毟る行為などです。
一人遊びというのは、自分の尻尾や影を追いかけてグルグル周り続ける
などだそうです。おもちゃで遊んでいるのとは違います。 
チョコタンの場合は、吠える 泣く 甘える がほとんどです。
抱っこして欲しい、構ってほしい時に 吠えたり泣いたりです。
このセミナー中、チョコタンはテーブルの下にいたのですが
ピーピー時々ワンワンを繰り返していました。
静かに我慢していられたのは10分でした

また、ストレスを感じた時に、自身を落ち着かせようとして
カーミングシグナルというのを出しますが
あくび 目をそらす 地面のニオイを嗅ぐ 体を掻く 
などがあげられます。
チョコタンの場合、苦手と思われるワンちゃんに会った時とか
いたずらをして私に叱られている時などに見せます。

あと、チョコタンの場合、テレビに出てくる動物に向かって吠えますが
先生によると、とても珍しいとのことでした。
初めて出逢ったみたいです。
(私はもう1ワン トイプーちゃんを知ってますが)
音に敏感なのかもしれないので、ずっと音楽を聴かせておくなど
音に慣れさせるといいでしょう~とのことでした。

自分に望ましくない状況は、それだけでストレスなのであって
もちろん、体調を崩すようなストレスは、
その原因を取り除いてあげなくてはいけませんが、
ちょっとしたストレスは、それに耐え、克服できる力を身に付けることで
乗り越えなくてはいけないと思いました。
チョコタンが、一人で居ることや家族以外の人と居ることが苦手なのは
やはり全て自信のなさから来ているようです。
チョコタンはもう3歳。
どうやって自信を持たせるか、本腰入れて考える時期かもしれません。
どこかに"イヌ用の自信"が売っていたら、
クリスマスプレゼントにしてあげるのに~なぁんて^^ゞ
cr005a.gifchiharuさんのイラストです^^

スポンサーサイト
テーマ:トイ・プードル
ジャンル:ペット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。