大きめトイプードル・チョコタンと家族の日々
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
防災について
2008年07月07日 (月) | 編集 |
昨日、梅雨明けした地域もあるようですが、
本日、チョコタン家地方は雨です。
週末とはうって変わって、涼しく過ごしています。

お散歩に行けないので、チョコタンは家の中でボール遊び♪
IMG_0344.jpg

じゃぁ、投げるよ!持ってきてね!!
IMG_0345.jpg

スゴイ、叫びながら追いかけてる
IMG_0346.jpg

あ、元気よく、戻ってきました^^
IMG_0347.jpg

で、いつものことだけど、離さないのよね~
IMG_0348.jpg

さてさて、防災について。。。
本当は、昨秋の講習でいただいたパンフレットの中身を中心に
詳しく書こうと思っていたのですが、
そのうちの一つが、会員向けの有料誌であることがわかりました。
よって、講演してくださった先生の所属先(アナイス)のHPと
先生のお話を聞いた、私の感想を記事にすることにしました。
(また、アナイスのHPは当ブログのリンク先にも入れました^^)

先月は、宮城県岩手県で大地震が、
週末には、茨城県で震度5弱の地震が発生しました。
被災された皆さんには、心からお見舞い申し上げます。
私は、緊急警報が出るような地震に遭ったことがないので
今ひとつ、防災についての危機感に欠けるところがあります。
しかし、国内外での地震の被害を見ると
少しは心と物の準備をしなくては、と思った次第です。

大規模災害に遭った際、まず人の安全が第一です。
それによってペットも守ることができるのです。
家屋が倒壊したら、人は懸命に助けてくれるけど
ペットのために、自衛隊は出動してくれませんからね^^;
倒れた家具の下敷きになって、命を落とすペットは多いようです。
家具を倒れないようにするとか、危険の多い部屋には出入りさせないとか
自分の身を守るための工夫が、ペットのためにもなりますね。

避難グッズの中には、フード、水はもちろん
飼い主と一緒に写っている写真を入れておくといいそうです。
この子はウチの子、という証拠になりますよね^^
首輪やリードも予備でいれておくといいようです。
私は日ごろ仕舞い込んでいる鑑札をつけてます。
病気や怪我の治療中の子は、
薬や療法食、検査結果や治療経過のわかるものも入れておくと
かかりつけ医が被災して診察できない時にも
他の病院に診てもらいやすいですね。
また、トイレシートは、断水、停電時の人のトイレとしても使えるので
ちょっと重くてかさばりますが、ストックしておくと便利なようです。

「災害時に役立つしつけ」 については、
 ①呼び寄せができること
 ②ケージやクレート内で静かに待っていられること
 ③リードや首輪に慣れていること
 ④吠えないで待てること
が基本として挙げられていました。
皆さんはいかがですか?自信ありますか?
チョコタンの場合は、自信があるのは③くらいですね^^;
①は、非常事態下ではどうだろう?と心配ですし
②④に至っては、現在もできませんT0T
お出かけリュックに入って、じっとしてもらうしかないかな?
でも、それも私が背負って動ける状況にあることが前提。
もし怪我をしていたら、5kgを背負って動けません。
このことだけ考えても、まず自分の身の安全だな、と思いました。

避難生活中は、元々動物好きの方でさえ、
動物に対して乱暴な言動になってしまうそうです。
苦手な方は、もっと・・・
しかし、それは仕方のないことですよね。
私も、チョコタンを守るのが精一杯で
他の子に優しく出来るか、自信がありません。
この秋の防災訓練では、チョコタンを連れて避難体験をしよう!
そう思っています。

皆さんも、何か気をつけていることがあったら、教えて下さい。
工夫していること、お役立ちグッズなども!

NPO法人アナイス~人と動物の防災を考える市民ネットワーク~
  http://www.animal-navi.com/
スポンサーサイト
テーマ:トイ・プードル
ジャンル:ペット
コメント
この記事へのコメント
私は2回、大きな地震を経験しています。中学生の時と、高校生の時。
1回は非難命令が出て、近くの小学校に避難しました。
実家では雑種の中型犬を飼っていて、非難するときモチロン犬も連れて行ったんですが…。
犬は避難所には入れないから、家に置いてきて、と言われました…。
当時は、犬は外で飼うほうが多かったし、うちも外飼いだったから、キャリーなんかもあるはずもなく…。
泣く泣く家に連れて帰った記憶があります。私たち人間だけが助かって、犬が死んじゃったらどうしよう…。犬に何度もごめんねって言って…。
結局はなんともなかったけど、今でもほんとにツライ思い出として残っています。
それなのに、喉元過ぎれば…で、わさびの防災なんて考えてなかった…。
ダメですねぇ。こんなんじゃe-263
参考にさせて頂きます!!
2008/07/09(Wed) 21:33 | URL  | わさびmama #50jynCW6[ 編集]
わさびmama さんへ
2回も、大きな地震を体験されているんですね!
体験談というのは、とても重いです。
やはり、避難所では受け入れてもらえなかった
置いていかなくてはいけない状況だったんですね。
映画のようです・・・
少しずつ、動物に対する意識が変化してきていますが
やはり、実際に起きてみないとわかりません。
わさびくんと離れて避難なんて考えられないですよね
出来る準備はしておきたい!
私も、まだまだです。
みんなで考えていきましょう!!
2008/07/10(Thu) 17:58 | URL  | チョコタン家 #-[ 編集]
こんにちわ!!
先日は遊びに来ていただいてありがとうございました♪

私は阪神大震災で被災しています。
被災と言っても食器が割れたくらいで特に被害にあったわけではないのですが、幸いにも。
でもあの時ほど「死」というものを身近に感じたことはありません。

今は守るべきもの『ケイト』の存在がありますからね。
なにがあっても守ってあげなければ!!って思ってます。
そのためにもいろいろと備えておかないといけませんね。
2008/07/11(Fri) 10:56 | URL  | なおみん #-[ 編集]
なおみん さんへ
早速、遊びに来てくださり、ありがとうございます!

なおみんさんも、大地震を経験されているのですね。
幸い、さほどの被害はなかったとのことですが、
突然の激しい揺れを経験されているのは
恐怖であったでしょうし、貴重でもあります。
あの時と同じ状況で、ケイトくんを守れるか?
って想像できますからネ、本当に貴重だと思います。
直接的被害がなくても、ライフラインの不通など
とても大変な思いをされたことでしょう。
実際、どういうものが必要だと思われるか?
など、想像の範囲で結構ですので、
いつか教えていただけたら嬉しいです^^

いつも、こんなに難しい?話ばかりじゃないので
また寄ってください!私も寄らせていただきます♪
2008/07/11(Fri) 17:04 | URL  | チョコタン家 #-[ 編集]
コメントを投稿
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。