大きめトイプードル・チョコタンと家族の日々
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
セカンドオピニオン
2014年04月18日 (金) | 編集 |
チョコタンの尻尾にあるデキモノ。
昨秋の手術回避以来、大きさはあまり変わっていませんが
直径5センチもあると、毎日気になるものです。

そこで、かねてより検討していたセカンドオピニオンに
昨日行ってきました。
パピーの頃通っていたしつけ教室の先生の紹介で
チョコタンを迎えてからの4年ほどお世話になっていました。
素晴らしい先生で、去勢手術もしていただいたのですが
ちょっと遠かったのと、
素晴らしい先生の裏返しで、とても混雑しているのと
それまでチョコタンにトラブルがなかったこと、
などで、近くの病院にシフトしていました。

デキモノの診断は同じで、脂肪腫であろうということでした。
グリグリ慎重に触ったり、毛をかき分けてじっくり観察したり
それは丁寧に診て下さいました。

最終的に、治療と簡単な手術の中間みたいな処置をしていただき
ひとまずデキモノはなくなりました。
CA3H0418.jpg
絆創膏を巻いていただきました。
抗生物質の飲み薬を6日分もらいました。
飲み終わったら再診です。

治療の様子を詳細に書いたら
何だかとってもグロテスクになってしまったので
削除しました。
病院から出たら、やたら元気なチョコタンに引っ張られ
行くときは1,600円かけてタクシーで行った道のりを
結局1時間半かけて歩いて帰宅してしまいました。
グロテスクではありましたが、チョコタンには負担のない
そんな処置であったと、ご想像ください。
CA3H0419.jpg
しかし、狂犬病予防接種はさすがに先送りとなりました。

チョコタンのデキモノは、理想としては手術ですが
加齢によってどんどんできてくるキリのない物であるのと
麻酔へのリスクを背負ってしまったのとで
今回の簡単な(でも結構グロい)処置で終わりました。
同じ診断でも、治療の仕方は個体にあわせて違うんですね。
セカンドオピニオン、とても大切だなぁと思いました。
スポンサーサイト
テーマ:トイ・プードル
ジャンル:ペット
身の縮む思い?
2013年10月31日 (木) | 編集 |
月末更新が恒例となってしまっています。
皆さん、お変わりありませんか?

先月のブログに載せていたとおり
10月25日、チョコタンはイボの摘出手術に臨みました。
しかし、麻酔の途中で不整脈が起こり、
手術は中止となりました。

一週間経った現在、チョコタンは普通に元気にしています。
CA3H0378.jpg

チョコタンのイボの摘出手術は、全身麻酔が必要なのですが
おおまかな流れとして
鎮静剤→点滴による麻酔→ガスによる麻酔 というようになり、
ガスによる麻酔をかけながら手術をするそうです。

今回チョコタンは、点滴による麻酔の必要量3分の1をかけた段階で
予想を上回って麻酔が効いてしまったようで
妙にぐったりしたな、と思ったら不整脈が始まり
しばらくしても収まる気配がなく、不整脈を抑える薬剤を投与し
幸いそれが効いて、正常に戻ったということでした。

電話連絡を頂いた時には、緊迫した状況は終息した段階で
「手術を中止したいがよろしいですか?」という内容でした。
チョコタンから目を離さず、すぐに適切な処置を行ってくださった
先生方に感謝の気持ちでいっぱいです。

さて、不整脈の原因は2つ。
・たまたま ・病気が隠れていた
そこで、負担のない範囲の検査として
胸部レントゲンの撮影をしていただきました。
予想通り、目立った異常は見つかりませんでした。

ということは、たまたま、起こってしまったということか。
手術の日、日本列島には台風27号28号、2つが接近中でした。
気圧の影響があったのでしょうか?と質問したら
脳には影響があるかもしれないが、心臓には考えられないね~
と優しく否定されました。
だとしたら、本当に、たまたま、偶然、なぜか?ってこと。

おそらく良性であろうイボは、取らなくてもよいのでしょうが
尻尾の付け根という場所が悪くて、取った方がよいらしく、
そして、また新たに今度はお尻に、小さなイボを発見!
もう、キリがなさそうです。
年齢を考えて最後かなと、今回手術に踏み切ったのですが
私もチョコタンも怖い思いをすることとなったし、
新しいイボが見つかるし、これからどうしたらよいか
本当に迷い悩むところです。
セカンドオピニオンも、念のため検討しています。

実に悩ましい限りですが、
現在のチョコタンは、本当にいつも通り元気です。
手術準備の絶食が効いたのか、体重も5.9㎏に落ち
手術が出来なかったので、傷跡もないし、元気です。
今、ここにあるぬくもりに、感謝です。
CA3H0379.jpg
元気で~す!!





テーマ:トイ・プードル
ジャンル:ペット
気をつけてあげなくちゃ
2013年03月14日 (木) | 編集 |
桜開花の報も耳にするようになりました。

寒い日もやっぱりあるけど、

暖かいを通り越して暑い日もあって

花粉もすごくて、気候に必死に対処しています。

皆さまはいかがでしょうか?

CA3H0345.jpg


チョコタンに、ちょっとした異変があったのが2週間前。

元々よくジャンプをする子でしたが、

夕方キッチンで、私に向かって連続ジャンプしていたら

ある時、キャン!と叫び声をあげ

そのまま元気がなくなってしまいました。

尻尾は下がり、ほとんど動かなくなってしまいました。

体中を触っても痛がることはありませんでしたが

下半身が小刻みに震えて、私に体を預けてぐったりしていました。

ただ、いつものように大喜びはしてくれませんでしたが、

食事はゆっくりきちんととってくれました。

その後、一晩様子を見ていると、どうも眠れない様子。

いつものように一緒の布団で眠ってはくれませんでした。

翌日、病院で診察していただきました。

やはり触っても痛がるポイントはなく、しかし元気はなく

散歩もしたがらず、歩道と車道の少しの段差さえ登れない状況。

ただ、食欲や排せつに問題はなく、ゆっくりと少しは歩けるので

麻酔をして検査をしたり、痛み止め薬を飲んだりということはせず

もう少し様子を見ることになりました。

詳しい検査もしていないので、患部も特定できない状況ですが

おそらく、軽度のヘルニアか神経痛ではないかということでした。

ほとんど動かない週末だったので、週明け再度病院へ行きました。

やはりもう少し様子を見ましょうか、という診断。

確かに、ほんの少しずつは回復してきているようにも感じたので

先生の指示に従い、とにかく安静に過ごすことにしました。


そして2週間後の現在、おかげさまで散歩は元気に行っています。

しかし、ちょっとした階段や段差は躊躇しています。

痛いというより、痛かった記憶に囚われているのでしょう。

室内で一番お気に入りだったソファーにも、乗ることができません。

獣医さんの指示は、安静にして再発しないようにすることだったので

残念ながら、しつけ教室は退くことにしました。

これは私が、あのチョコタンの痛がる姿の記憶に囚われているから。

トレーナーさんの指示通りに動ければ問題ない内容も

できない私は、チョコタンに無理な動きをさせてしまうからです。


チョコタンの体への気配りが足りず、教室も中途半端にしてしまった。

とても落ち込みました。

でも、チョコタンが少しずつ元気になるにつれて、

私の気持ちも少しずつ回復しました。

チョコタンの年齢も考慮して、激しい動きには注意しなくては!!

信頼関係がより深まるように、マイペースの歩行のみのトレーニングを

チョコタンの動きを制御できるようになりたい!と始めました。

同世代のチョコタンと私。体調に体重管理は、共通の課題でもあります。

仲良く、楽しく過ごせるように、気をつけてあげようと思います。

(気分を変えたくて、テンプレートを新しくしました^^)
テーマ:トイ・プードル
ジャンル:ペット
抜糸、終わりました
2011年05月30日 (月) | 編集 |
全国的に荒れ模様の週末でしたね。
お散歩がままならず、不満げなチョコタンでした。
皆さんのお利口ワンちゃんはいかがでしたか?

お陰様で、先週金曜日に無事抜糸が終わりました。
110530_0947~01
(ちょっとボヤっとした写真でスミマセン!)
手術から2週間、予定通りのスケジュールでした。
お尻と尻尾と、それぞれ4針ずつ縫っていました。
オデキが結構大きかったからでしょうか?

病理検査の結果、オデキの組織学的診断は2つとも
「皮内角化上皮腫」 というものでした。
腫瘍境界は明瞭で、完全に取り切れており、悪性所見もない
というご説明をいただきました。
出来た原因はもちろんわからず、問題となる生活習慣もなく
結局「体質」ということになるのは仕方のないことですね。

前回も書いたと思いますが
顕微鏡検査の時点で、悪いオデキではないが
尻尾にできているのがよくない、ということで手術したわけですが
確かに術後の皮膚を見てみると
お尻はさほど目立ちませんが、皮膚量の少ない尻尾は
切除したところが凹んでしまっています。
あれ以上大きくなると、皮膚がつれてしまったかもしれません。
また、術後の経過も、尻尾の方が気を使いました。
もともと体に比べて血行の悪い尻尾は、傷の治りも遅く
また治りが悪くて化膿状態が進行して、最悪壊死することもある、
そうなると尻尾を切ってしまわなくてはいけない。とのことで
緊張した2週間となりました。

ちょんまげ や 唐揚げ といって笑ってもらえた尻尾ですが
CAEGZR1V.jpg
こんな尻尾に戻る日が楽しみです。
テーマ:トイ・プードル
ジャンル:ペット
チョコタン、手術を受ける
2011年05月14日 (土) | 編集 |
連休旅日記の途中ですが、タイトルの内容を書きますね。

お尻と尻尾のおでき、かねてより気になっていたのですが
13日に切除手術を受けました。
連休前に組織の簡単な検査を受けたのですが
顕微鏡で見た限りでは細胞が死んでいるので
おできが大きくならない限り様子見でもいいが、
尻尾は皮膚の量が少ないので、あまり大きくなると
おできの切除だけでは対応できない可能性も出てきて
例えば炎症を起こすと、尻尾そのものを切断することになるかも
という獣医さんのお話でしたので、
連休明けに手術の予約をしていました。

当日は、全身麻酔のため朝食抜き。
なぜ自分だけ食べられないんだ!とそれはそれは怒ってました^^;
歯石とりもついでにお願いして、
麻酔開始から手術、お口ケア、麻酔から覚めるまで
だいたい1時間くらいの手術でした。
その後の体調を確認する時間を経て、
お願いしてから4時間後のお迎えとなりました。
切除したおできを見せてもらいましたが
大きめの梅干しの種くらいの大きさがありました。
想像していたより大きくて、ちょっとびっくりしました。
病理細胞検査に出して、良性か悪性かの判断となりますが
顕微鏡検査の診断どおり、良性であってほしいです。

毛刈りをしたので痛々しく目立ちますが
CA3H0037.jpg
絆創膏が気になるものの、チョコタンは元気そのもの。
昨日、病院から帰宅した時はあまりの空腹に泣いていたくらいで
先生からはすぐの食事は止められていましたが
ヨーグルトをあげたら大喜びで食べて、トイレに行く力も出たようでした。
抜糸まで2週間、少しおとなしく過ごすことができるでしょうか?
無理ですね・・・
テーマ:トイ・プードル
ジャンル:ペット
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。